用語解説

被相続人、相続人(ひそうぞくにん、そうぞくにん)

被相続人は遺産を残した人、つまり亡くなった人、相続人は遺産を受け取る人のことです。


相続開始日(そうぞくかいしび)

被相続人が亡くなった日。


戸籍謄本、謄本(こせきとうほん、とうほん)

1つの戸籍の全部を写しとったもの。本籍地の役所で交付される証明。戸籍が電算化されています。

謄本は戸籍謄本の略。市区町村では「戸籍全部事項証明」と呼ばれています。


除籍(じょせき)

戸籍からその名を除くことを言います。

  1. 死亡、婚姻、離婚、転籍などで戸籍に在籍しているすべての人が除かれた戸籍。
  2. ある人が在籍していた戸籍から除かれて抜けること。


改製原戸籍(かいせいげんこせき)

法律の改正によって戸籍の編製単位、記載内容の変化によって、または電算化によって、新しく戸籍を作り直したときの、元の戸籍。略して俗に「はらこせき」とも呼ばれます。
昭和の改製原戸籍(戸主制度の廃止)と平成の改製原戸籍(戸籍の電算化)とがあります。


公証人(こうしょうにん)

当事者その他の関係人の嘱託に応じ、民事に関する公正証書を作成し、私署証書に認証を与える権限を有する公務員。


遺産分割(いさんぶんかつ)

相続人が複数いる場合に、これら相続人の間で遺産を分配する手続きのことです。


遺贈(いぞう)

遺言によって自分の財産の一部又は全部を他人に無償で与えること。ただし、遺贈は遺留分を侵害することはできません。


自用地(じようち)

他人の権利の目的となっていない土地をいいます。


路線価(ろせんか)

相続税額等を計算するうえで、宅地の評価額の基準となる価格のことです。